前へ
次へ

生前にお葬式のことを決めておく

最近、老い支度が注目されています。
葬式の内容や費用など、具体的に準備をしておきたい人のために生前契約というシステムが設けられています。
実際、葬式は遺族が執り行いますし、内容を遺言にしても法的有力はありません。
だからこそ、こまかく決めて契約書を作成し、費用についても取り決めしておく必要があるのです。
実際の葬式にあたっては、ネットワークを駆使して葬儀社が施行にあたり、法事や墓など、その後の相談にも応じている冠婚葬祭互助会が活用できます。
生前契約をしても、気が変わることもあるでしょうから、数年ごとに内容の見直しができたり、解約できるシステムで選ぶのもよいでしょう。
契約ではなく予約であれば、気軽に準備ができそうです。
特に支持されているのは、本人が生前契約アドバイザーのアドバイスを受けながら死後事務について、内容を決めるものです。
公正証書による契約を結ぶので、死後はもとより、生前に判断力が低下したり喪失した場合にも、確実に実行される点は評価できますし、お金の決算機能と本人に代わって事務処理の監視やチェックも保証されているなど、安心感が支持されている理由でもあります。

Page Top