前へ
次へ

葬式を執り行う際の幹事役が喪主

高齢化社会を迎えた現代では葬式に参列する機会のほうが多くなっていますし、身近な人間とのお別れも他人事ではありません。
近親者が無くなり喪主の立場になった際、あまりにも突発的なことで何をするべきか、心の準備も整わない状態です。
いざというときのためにも事前にも主としてある程度のことは知っておくことで、お別れの際にも落ち着いた行動ができます。
たくさんの遺族の中で喪主はその代表を務めることになりますから、いわば葬式の中では幹部役です。
住職やお寺など宗派的なことはあらかじめ把握をしておく必要がありますし、どこで葬儀を行うのか、亡くなった人の遺体搬送先をどうするかなども決めておきます。
一通りの内容を知っておいた上で、葬式のプロである葬儀会社に連絡をすることです。
葬儀社は葬式のプロですから、手慣れたスケジュールで事を運んでくれますので、あらかじめ信頼できそうな葬儀社をピックアップしておきます。
葬儀に関してはお金がかかることですから、葬儀にかける予算を遺族で決めておくことです。

Page Top