前へ
次へ

自分が旅立つ時のことを考えた準備

自らの葬儀を考える人の備えには、どのようなものが必要でしょうか。
縁起の悪い捉え方であるかもしれませんが、老い支度に共感する人も多いようです。
きちんとした形で意思を伝えることも必要でしょう。
従来通りならまだしも、無宗教葬や自然葬などを行いたいならば、きちんとした文書で伝えます。
形式も考えれば、規模や費用をどれくらいかけるのかもポイントです。
葬式の費用は、全国平均で約230万円となっていますが、香典や遺産で賄えることも多いと思います。
世話をかけたくなければ、準備はしておくのがよいでしょう。
特別ではないにしても、遺族が戸惑わずに葬式がスムーズに行えるように準備しておきたいこともあります。
寺院に墓がある場合、菩提寺への連絡も必要でしょう。
また、連絡用のリストを作ることは特に重要で、誰に知らせるのか、誰に来てもらいたいのか、明確にしておきます。
葬式意外にも、遺産相続や墓についてはトラブルも懸念されます。
法的に有効な遺言を残しておくことも必要でしょうし、継承者がいない、身寄りがないならなおのこと、火葬にかかる費用は故人の財産から支払われます。
心配ならば、生前契約の準備をしておきましょう。

Page Top