前へ
次へ

靴は灰色や茶色ではなく地味な黒系を

体の中で目に付くのは顔ですが同じくらい目につきやすいのは先端であり、手先や足先は誰もが無意識のうちに視界に入れて意識しています。
葬式に参列をする際に足元にも気を付けたほうが良いのは、葬式にはふさわしい靴とそうではない靴があるためです。
ビジネスシーンでは靴がキレイではない人間は仕事ができないと判断されるほどですし、プライベートでも靴の汚い人はだらしないと言った良い印象をもたれません。
フォーマルなシーンの葬式でも同じであり、葬式の際には足元のおしゃれを優先するのではなく、葬式の際にマナー違反になっていないかを意識することです。
カジュアルなファッションで参列をするのは葬式ではNGですから、葬式の日はフォーマルなブラックフォーマルに身を包みます。
靴は素材や色に気を付けること、色はカラフルな明るさはダメですから地味な黒系にすること、控えめだからといって灰色や茶色も控えることです。
ポリエステル素材や本革、合成皮革といった素材の靴を選びます。

Page Top