前へ
次へ

自分らしいお葬式のプランや流れ

自分のお葬式は、見栄や世間体にとらわれず、簡素でいいという考え方もあります。
身寄りがなかったり、後継者問題も理由でしょうし、都市部では家族葬や無宗教葬が増えているのも事実です。
特に、無宗教葬はきちんとしたプランニングが必要で、例えば、音楽葬を行いたいならば、どんな曲を流すのか、生演奏も支持されるプランです。
家族だけでお別れをすませ、火葬後に会場を借りてお別れ会という形式をとるのか、立て方が大事ですから、葬儀社に相談に乗ってもらいましょう。
また最近では、自然葬も本人の希望であれば形にできます。
散骨も、葬送の自由を推進する会が中心になって実践を支援していますが、一部の葬儀社でも行われています。
特に支持されているのは海洋葬で、船で海洋に出て散骨します。
通常の葬式後、改めて日程を決めます。
遺灰は環境に配慮して、水に溶ける和紙に包まれて海に返します。
費用の相場は10人乗りで30万円ほどで、献花用の生花や音楽、実施証明書や執行費までが含まれています。

Page Top