前へ
次へ

葬式の後には挨拶回りが待っている

遺族にとって、葬式を終えても責務はまだまだ残されています。
例えば、お礼の挨拶回りでは、喪主が出向く必要があります。
葬式で特別にお世話になった人、迷惑をかけた近隣所などには、葬式の翌日か翌々日、遅くても初七日までには出向きましょう。
これまでの常識では、忌明けまで遺族は外出できませんでした。
地域によって今でも、親戚が喪主に代わり挨拶に回ることもあるようです。
特に世話役には、手土産、あるいは金品を持参しますが、葬式当日、精進落としの後に、御礼あるいは御車代として渡すのがよいでしょう。
また、抜かりなくと思えば、故人が在職中であった時は、職場へ挨拶に出向きましょう。
直属の上司や葬式でお世話になった人に挨拶します。
なお、忌明けにお礼の品や香典返しなどを贈るので、この時には手土産は不要です。
通夜や葬式に弔問に訪れた人へは、会葬礼状を渡しているので、改めて礼状を出す必要はありませんが、弔問には見えず、弔電や供物・供花、香典を贈ってくれた人には忘れずに礼状を出しましょう。

Page Top